おすすめ 要申込  

【旅コレフェス対象】ぶどう剪定枝 活用体験 "リース作り”

旅コレフェスで新しいプログラムを体験!! 秋保ワイナリーで剪定されたぶどうの枝でリースを作ります。SGD'sな体験です。

実施期間

6月25日(土)~8月28日(日)(ただし指定日)

所要時間

約1時間

催行人数

1〜10人

料金

1,500 円〜(税込)


リース作りはお好きな枝を選んでいただいて、お好きな形に曲げて針金で留めていただきます。
仕上げはご自宅などで飾りをつけていただければと思います。

2015年、震災後に宮城県内で最初に設立された秋保ワイナリー。
秋保はぶどうをはじめとした果樹栽培に適した気候・風土があります。
秋保ワイナリーでは敷地面積2haの土地にブドウの樹木を約7000本栽培しています。
ワイナリーでは、毎年冬になるとぶどうの枝が剪定されます。
その枝を無駄にせず、再利用できないだろうか(SDGs)、またワイナリーに来た思い出も作っていただきたいと考え、このリースづくり体験が出来ました。
一つ一つ個性のあるぶどうの枝からお好みの枝を見つけて、素敵なリースを作ってみましょう♪

ワークショップでは、スタッフがワインのぶどうについて、またワインができるまでを資料と共にご紹介します。


<お申し込み方法>
※直接、秋保ワイナリーへお電話で、原則3日前までにお知らせください。
※お電話の際に、①「リースづくり希望」②希望日程・時間(10:00または14:00スタート)をお知らせください。
※第3希望までお知らせください。

毎年春先になるとブドウの枝を剪定します。そしてたくさんの剪定枝が出ます。そのままだと捨てられてしまうものですが、アイデア次第で工夫をすれば、いろいろなものに生まれ変わります。ここではヤスリで磨いてカトラリーレストを作ったり、丸めたり曲げたりしてリースのベースの部分を作ります。お子様でも出来る作業ですので、ブドウのどの部分の枝なのかなど、植物そのものにも興味を持っていただけたらと思います。


体験プログラム名【旅コレフェス対象】ぶどう剪定枝 活用体験 "リース作り”
実施場所秋保ワイナリー
所要時間約1時間
実施期間6月25日(土)~8月28日(日)(ただし指定日)
開始時間 ①午前:10:00 ②午後:14:00
最少催行人数1人
最大催行人数10人
料金
お一人様1,500 円(税込)
料金に含まれるもの体験料、材料費、資料代
お支払い方法当日、現金でお支払いください。
キャンセル・変更について変更・キャンセルの場合は、お早めにご連絡下さい。
集合場所宮城県仙台市太白区秋保町湯元枇杷原西6
秋保ワイナリー ぶどう畑&中庭 ORカフェスペース(天候により)
集合時間各開始時間の10分前までに受付をお済ませください。(受付で参加費をお支払いください。)
アクセス【バスでお越しの場合】
仙台駅→仙台西部ライナー「秋保・里センター」下車 約32分
→徒歩3分

【お車でお越しの場合】
仙台駅→国道48→県道132 経由で 約30分
駐車場あり
無料・約10台
バリアフリー対応なし
ガイド・案内について秋保ワイナリーのスタッフがご案内いたします。
多言語での対応について日本語/英語