おすすめ  

鶴の恩返しの舞台で聴く ”語り部体験”

山形県南陽市に伝わる「鶴の恩返し」をはじめとした民話を、語り部が地元の方言「置賜弁(おきたまべん)」で語り聞かせます。

実施期間

通年 (※休館日:毎週月曜(祝日の場合開館))

所要時間

約30分

催行人数

1〜50人

料金

110 円〜(税込)

詳細料金を見る


日本を代表する民話「鶴の恩返し」を開山縁起として伝承する鶴布山珍蔵寺のそばに建てられた資料館で、語り部さんが地元の方言で様々な民話を語り聞かせます。
英語、繫体語など字幕入り動画に合わせて語り対応可能です。※動画は鶴の恩返しのみ。

ご希望の所要時間やお客様に合わせて数ある日本の民話の中から複数を組み合わせて対応いたします。
「置賜弁」の温かい味わいの中で、昔ばなしの世界へタイムスリップしてください!

〇所要時間:30分  ※時間延長などご要望があればお申しつけください
〇定員:最大50名 ※コロナ禍での人数。通常最大200名まで可能。

※団体でお越しの場合は、事前にご連絡ください。

「夕鶴の里」資料館では、製糸で栄えた時代の資料や昔懐かしいおもちゃなどを展示しています。時期によっては本物のかいこを間近でご覧いただけます。


体験プログラム名鶴の恩返しの舞台で聴く ”語り部体験”
実施場所夕鶴の里 語り部の館
所要時間約30分
実施期間通年 (※休館日:毎週月曜(祝日の場合開館))
開始時間9:00~
最少催行人数1人
最大催行人数50人
料金
入館料 小人1名110 円(税込)
入館料団体割(15名以上の場合) 大人1名110 円(税込)
入館料 高校生以上1名330 円(税込)
入館料団体割(15名以上の場合) 小人1名50 円(税込)
料金に含まれるもの体験料は無料です。(入館料のみ)
お支払い方法入館料は当日現金でお支払いください。
集合場所山形県南陽市漆山2025-2
集合時間開館時間内にお越しください。
アクセス<お車でお越しの場合>
東北中央道南陽高畠ICより約15分

<電車でお越しの場合>
フラワー長井線おりはた駅より徒歩約7分
駐車場あり
無料
バリアフリー対応なし
多言語での対応について日本語/英語/中国語(繁)